TOP画像 0120-829-242

サラリーマンの確定申告(Q&A)

7-3.雑損控除と災害減免法 どっちがお得?


私は本年、火災により自宅に損害を受けました。私の合計所得金額は450万円で、火災による損害額は300万円です。このような場合には「雑損控除」と「災害減免法による軽減免除」とどちらを受けたほうが有利になりますか?どのように判断したらいいですか?


災害により被害を受けた場合、「雑損控除」と「災害減免法による軽減免除」とのどちらが有利かは、次の表のように判断することができます。

損害額 その年分の合計所得金額 有利・不利の判断
合計所得金額 以下 500万円以下 災害減免法 有利
500万円超 750万円以下 個々のケースにより異なるので、それぞれのケースを計算して有利な方を選択 (損害額が少ないときはどちらかというと災害減免法が有利です。)
750万円超 1,000万円以下
合計所得金額超 雑損控除 有利

ご質問の場合においては、上の表に当てはめてみると、
 ・損害額が合計所得金額以下 (損害額300万円)
 ・その年分の合計所得金額が500万円以下 (合計所得金額450万円)
          ↓
       災害減免法 有利

という判断が出てきます。ですから、両方計算することなく「災害減免法による軽減免除」を適用したほうが有利ということが分かります。

なお、上の表において損害額が合計所得金額超の場合には、その年分の合計所得金額に関係なく「雑損控除」有利となっているのは、「災害減免法による軽減免除」がその損害を受けた年しか受けられないのに対し、「雑損控除」は控除しきれない場合には3年間繰越すことができるからです。

(それぞれの計算方法については、
Q&A 6-2雑損控除の計算方法
Q&A 7-1災害減免法による軽減免除とは
Q&A 7-2雑損控除と災害減免法の違い  をご参照ください。)



>> サラリーマンの確定申告(Q&A)目次へ戻る


















AIC税理士法人

会社案内

OSAKA OFFICE

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-2-17
和光ビル4階
TEL:06-6292-0586
FAX:06-6292-0587

TOKYO OFFICE

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
第35荒井ビル6F
TEL:03-6427-9353
FAX:03-6893-3924

E-mail: info@aictax.com

AICグループ



クラウド会計ソフトfreeeフリー


facebook 始めました