TOP画像 0120-829-242

サラリーマンの確定申告(Q&A)

7-2.雑損控除と災害減免法の違い


本年、地震により我が家が倒壊し、多大な損失を被りました。雑損控除又は災害減免法が適用できると伺いましたが、これらはどう違うのですか?またどっちがお得ですか?


雑損控除と災害減免法との違いは下記のとおりです。どっちがお得かは諸条件により異なりますので各自両方のケースを計算してみて有利な方を適用してください。(Q&A 7-3雑損控除と災害減免法 どっちがお得?をご参照ください。)
※東日本大震災により被害を受けた場合については平23震災特例法が施行されました。
  国税庁HP「東日本大震災関連の国税庁からのお知らせ」をご参考ください。

 
雑損控除
災害減免法による
所得税の軽減免除
損失の発生原因 災害・盗難・横領 災害のみ
対象となる資産 生活に通常必要な資産
(棚卸資産や業務用固定資産、
生活に通常必要でない資産は
除かれます。)
住宅や家財
ただし、被害の程度が住宅や家財の価額の5/10以上であることが必要です。
所得制限 ありません。 1,000万円以下の人に限る。
控除額又は減免額 控除額は次の①又は②のうち
いずれか多い金額
① 損害額-所得金額×1/10
② 災害関連支出の金額-5万円

*損害額=損害発生時の時価-
保険金等
所得金額
減免額
500万円以下
全額免除
500万円超
750万円以下
2分の1軽減
750万円超
1,000万円以下
4分の1軽減

控除不足額の繰越 控除しきれなかった金額は、
翌年以後3年間繰越して控除する
ことができます。
できません。
申告事項 災害関連支出の領収書を
確定申告書に添付または提示
損失額の明細書を確定申告書に添付




>> サラリーマンの確定申告(Q&A)目次へ戻る


















AIC税理士法人

会社案内

OSAKA OFFICE

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-2-17
和光ビル4階
TEL:06-6292-0586
FAX:06-6292-0587

TOKYO OFFICE

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
第35荒井ビル6F
TEL:03-6427-9353
FAX:03-6893-3924

E-mail: info@aictax.com

AICグループ



クラウド会計ソフトfreeeフリー


facebook 始めました