TOP画像 0120-829-242

 

メールマガジン『経営のヒント』37号

Vol.037 2007/10/27━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ 経営のヒント ■□■
                      AIC税理士法人 金崎定男

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ┌───────────────────────┐
    バランス・スコアカードによる戦略策定の手順(5)
  └───────────────────────┘


6)目標とアクションプランの作成


次のステップとして、前回設定した業績評価指標を、具体的な目標に落としていくことが必要になります。

例えば、「従業員一人当たりの研修時間」という評価指標に対して、「従業員一人当たりの研修時間として年間40時間以上の研修を実施する。」といった目標を設定することができます。


その目標を、具体的な行動レベルに落とし込むため、アクションプランを作成します。

例えば、<毎月第2水曜日の午後1時から5時までの4時間を、スタッフの研修時間として、研修の予定を組む。>といったアクションプランが考えられます。



7)結果集計とフィードバック


アクションプランが決まれば、後は実施になります。

実際に、計画通りアクションプランが実施されているかどうかを、フォローしていくことが重要です。


実際にアクションプランを実施してみると、見込みと現実のギャップにより、場合によっては目標を修正したり、あるいは、評価指標そのものの見直しが必要になったりします。

せっかく作ったプランだからといって、当初プランに必要以上に固執することなく、修正が必要だと判断したら、そのつど修正を加えながら、より良い実施計画に変更していくことが重要です。

試行錯誤を繰り返しながら、企業実態に適合したバランス・スコアカードを作成し、運用するように心がけてください。



今回で、ひとまず、バランス・スコアカードのお話は終了することにします。




参考文献:「バランス・スコアカードの創り方」
(同友館)伊藤一彦、上宮克己著

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□メルマガの登録・解除はコチラから

http://www.aictax.com/chiebukuro/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】明日の経営を考える AIC税理士法人 http://www.aictax.com/

【編集責任者】金崎定男

            ■ we support your future business ■

-----------------------------------------------------------------

【連絡先】info@aictax.com (あなたのご意見・ご感想お待ちしております)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2006-2007 AIC税理士法人 無断で転載、引用を禁じます

-----------------------------------------------------------------

<< 目次ページへ戻る | 次のメルマガへ >>





AIC税理士法人

会社案内

OSAKA OFFICE

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-2-17
和光ビル4階
TEL:06-6292-0586
FAX:06-6292-0587

TOKYO OFFICE

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
第35荒井ビル6F
TEL:03-6427-9353
FAX:03-6893-3924

E-mail: info@aictax.com

AICグループ



クラウド会計ソフトfreeeフリー


facebook 始めました