TOP画像 0120-829-242

メールマガジン『経営のヒント』3号

Vol.003 2006/05/26━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ 経営のヒント ■□■
                      AIC税理士法人 金崎定男

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌────────────┐        
   会社の存在意義
└────────────┘

さて、経営計画の話に戻ります。

当社の経営計画書の第1ページめは、経営理念です。

経営理念は、なぜ当社が存在しているのかという存在意義と深くかかわるものです。


単に、食べていくためとか、儲けるためだけに会社をしていくのは ちょっとさびしい気がしますし、そのような目的のみの会社は、 従業員の心もすさみがちで、なかなか成長できない場合が多いと思います。

実際、成長している会社は、その会社独自のしっかりした理念を持っています。

そしてその理念は、どこかの会社のカッコイイ理念をコピーしてくるような ことでは意味がなく、経営者自身が自らの力で考えたものでなければ なりません。


当社の理念は、つぎのとおりです。

お客様と共に感じ(共感)、共に成長し(共育)、 共に新しい価値を創造していく(共創)
ことを我々の 使命と考えています。


【共感について】

我々の仕事は、決算書を作ることと税金の計算をすることだけではなく、 数字をひとつのきっかけ、材料にして、お客様である会社の発展のために どのようなことができるのかをお客様と一緒に考えていくことだと思います。

そのためには、単に過去の数字を報告するだけでなく、 まず社長の気持ちに近づくことが必要です。

お客様との共感がなければ、お客様に高い満足感を持っていただくことは できません。

ではどうすれば共感を得ることができるか?

読者の皆さんならどんなアイデアが浮かびますか・・・

 

 

この質問に答えはありません。

人は一人ひとり違います。

100社あれば100人の社長がいますし、まったく同じ人は存在しません。

また、当社のスタッフもみんな個性豊かな人たちです。

それぞれが、それぞれの判断で工夫しながら、社長を理解し、 また自分を理解してもらうように努力することが重要であると思います。

そして、お互いの信頼関係ができてしまえば、本来の仕事そのものも 驚くほどスムーズに運び、また、万一、多少のミスがあっても 大きな問題には至りません。

今回は紙面の関係でここまでとし、次回は「共育」、「共創」のお話を したいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□メルマガの登録・解除はコチラから

http://www.aictax.com/chiebukuro/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】明日の経営を考える AIC税理士法人 http://www.aictax.com/

【編集責任者】金崎定男

            ■ we support your future business ■

-----------------------------------------------------------------

【連絡先】info@aictax.com (あなたのご意見・ご感想お待ちしております)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2006 AIC税理士法人 無断で転載、引用を禁じます

-----------------------------------------------------------------

<< 目次ページへ戻る | 次のメルマガへ >>





AIC税理士法人

会社案内

OSAKA OFFICE

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-2-17
和光ビル4階
TEL:06-6292-0586
FAX:06-6292-0587

TOKYO OFFICE

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
第35荒井ビル6F
TEL:03-6427-9353
FAX:03-6893-3924

E-mail: info@aictax.com

AICグループ



クラウド会計ソフトfreeeフリー


facebook 始めました