TOP画像 0120-829-242

メールマガジン『経営のヒント』21号

Vol.021 2007/02/23━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ 経営のヒント ■□■
                      AIC税理士法人 金崎定男

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌────────────┐        
   需要曲線と供給曲線
└────────────┘


価格政策の2回目です。

今回は、価格の決定方法の基礎知識として、市場(マーケット)における需要と供給の関係について考えてみたいと思います。

 

私が学生時代に教わった古典的なミクロ経済学の理論によれば、価格を決めるのは、売り手のみでも、買い手のみでもなく、需要と供給の関係によって市場で決まります。


少し説明しますと・・・

縦軸に価格、横軸に商品の数量をとります。

自由経済の下では、消費者すなわち商品の需要者は、価格が低ければたくさん購入し、価格が高ければ少なく購入することになります。

よって需要曲線は右下がりの曲線になります。

 

それに対して、売り手、すなわち供給者は、価格が低ければ市場にあまり多くの商品を供給しようとせず、価格が高ければ多くの商品を供給したいと思います。

よって、供給曲線は右上がりの曲線になります。

 

そして、需要曲線と供給曲線が交わるところで、その商品の市場価格が決定されるという理論です。の前提としては、多くの消費者と販売者がいて、市場において適正な競争が維持されている必要があります。

前回の価格弾力性の話と組み合わせて考えてみても面白い理論展開ができるかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□メルマガの登録・解除はコチラから

http://www.aictax.com/chiebukuro/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】明日の経営を考える AIC税理士法人 http://www.aictax.com/

【編集責任者】金崎定男

            ■ we support your future business ■

-----------------------------------------------------------------

【連絡先】info@aictax.com (あなたのご意見・ご感想お待ちしております)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2006-2007 AIC税理士法人 無断で転載、引用を禁じます

-----------------------------------------------------------------

<< 目次ページへ戻る | 次のメルマガへ >>





AIC税理士法人

会社案内

OSAKA OFFICE

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-2-17
和光ビル4階
TEL:06-6292-0586
FAX:06-6292-0587

TOKYO OFFICE

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
第35荒井ビル6F
TEL:03-6427-9353
FAX:03-6893-3924

E-mail: info@aictax.com

AICグループ



クラウド会計ソフトfreeeフリー


facebook 始めました