TOP画像 0120-829-242

メールマガジン『経営のヒント』16号

Vol.016 2006/12/08━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ 経営のヒント ■□■
                      AIC税理士法人 金崎定男

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────────────────────┐        
   ブランドライフサイクル
    (マーケティングを考える-商品戦略-)
└──────────────────────┘


前回は、商品(製品)ライフサイクルについて、前々回はブランド戦略についてお話しましたが、今回は、それをミックスさせて、ブランドライフサイクルについて考えたいと思います。

現在私は、松下電器のレッツノートというパソコンを愛用しています。価格はちょっと高めですが、性能はそこそこで、軽くて、丈夫で、持ち運びにも便利です。


レッツノートを例に商品ライフサイクルを考えてみましょう。

パソコンの寿命は、一般的に3,4年ぐらいだと言われていますが、商品開発しているメーカの側から見れば、技術革新が大変早く、毎年のように、あるいは、年に2、3回ぐらいモデルチェンジや性能アップをしています。

大型電気店などに行っても、1年前に発売されたモデルを探すことは難しい状況です。


このように、商品ライフサイクルとしては、非常に短いですが、ブランドライフサイクルということで考えれば、レッツノートというブランドは、2006年5月で10周年を迎えるというロングセラーです。ソニーのVAIOなども同様ですね。


このように、製品の寿命は短くても、その製品のライフサイクルを適切に予測し、適切なモデルチェンジを繰り返すという管理活動を行うことによって、高いブランド力を維持できます。

製品を作ったら作りっぱなし、商品を売ったら売りっぱなし、ではダメなわけです。常に改良を加え、またアフターサービスにも配慮することにより、ブランド力を高めていくことができるわけです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□メルマガの登録・解除はコチラから

http://www.aictax.com/chiebukuro/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】明日の経営を考える AIC税理士法人 http://www.aictax.com/

【編集責任者】金崎定男

            ■ we support your future business ■

-----------------------------------------------------------------

【連絡先】info@aictax.com (あなたのご意見・ご感想お待ちしております)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2006 AIC税理士法人 無断で転載、引用を禁じます

-----------------------------------------------------------------

<< 目次ページへ戻る | 次のメルマガへ >>





AIC税理士法人

会社案内

OSAKA OFFICE

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-2-17
和光ビル4階
TEL:06-6292-0586
FAX:06-6292-0587

TOKYO OFFICE

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
第35荒井ビル6F
TEL:03-6427-9353
FAX:03-6893-3924

E-mail: info@aictax.com

AICグループ



クラウド会計ソフトfreeeフリー


facebook 始めました